ragarito's HDD

HDD...やっぱSSDにしようかな。

喉が痛い。風邪じゃない。

 

f:id:ragarito:20160623202523j:plain 

こんにちは。喉が痛い人です。

 

これは完全に喉が痛い。

喉が痛いと言えばすぐ思い付くのは風邪ですが、風邪の症状である「熱」「鼻水」「頭痛」等が全くありません。不思議な感覚です。だって喉だけ風邪なんですもん(?)

 

気になって調べてみました。「喉 痛い 詰まった感じ」で。

そしたらチェック項目が出てきたので上から順に見ていきました。

  1. 喉に違和感があり、ものを飲み込む時に痛みがある
  2. 喉に乾燥感や、何か引っかかった違和感がある
  3. 喉に痛みがあり、発熱・筋肉痛・せき・寒気・鼻水が出る
  4. つばを飲み込む時に、つまったようで違和感があるが、食べ物を飲み込む時には何も感じない 

ん?完全に4だ。完全にこれ。ぴったり当てはまりました。

んーどれどれ病名は...咽喉神経症。ナニソレ

じゃあ原因はなにかな…

 

老化。

 

老化…

 

自分は23歳のバリバリ働くサラリーマンだと勘違いしていたようです。

僕はおじいちゃん。

 

他には手術がどうとか、ガンがどうとか。もう色々出てきて「ありえん」と思いつつもビビっていたので病院にいきます。

病院なんか普段から行くような人ではないですけどね(普段から病院に行く人ってどういうことなんですかね)

 

とりあえず耳鼻咽喉科に行きました。

僕「喉がつまってて痛いんです、でも食べ物を飲み込むときは痛くないんです。」

僕はここで、どうだ!風邪じゃなく咽喉神経症だろ。と自慢げな顔で説明しました。

先生「まず耳から見てみましょうか。うわ、かなり汚れてますね。」

僕「あっえっあっ(喉ではなく!?)」

先生「あっ取れました。ほら」

たしかに取れてる。確かに取れてるけどもうこれ耳垢のレベルじゃない。岩だ。岩。

僕「あっありがとうございます...」

先生「じゃあ次は喉見てみましょうか。」

ここで鼻の奥に麻酔のようなものを注入されてからカメラ付きの棒を鼻から詰め込まれました。痛かった...

僕「アガッアガッ」

言葉になりませんよ。

パシャパシャ喉の奥の写真を撮って先生は一言

先生「ん、なにもないですね。でも心配なら内科に行ってみてください」

 

なるほど、何もないのか。それならそれでいいけど一応、一応ね。内科にね。行きました。

内科の先生「ん、なにもないですね。」

僕(同じ事言ってる。こいつとさっきの先生双子なんじゃねえのか)

内科の先生「しいていうなら咽喉違和感症ですね。」

 

色々話を聞きましたが、要するに気のせいらしいです。

病名は咽喉○○症っていってはっきり決められた名前は無いらしいです。

 

女性の場合は安定剤?を飲んでぼーっとしとけばそのうち治って

男性はそもそもあまりこの病気にならないらしいです。病気と言っていいのかどうかも怪しいですが。

 

とにかく気のせいらしいのでほっときます。1,2週間後まだ喉に違和感がある場合はもう一度病院に行ってみます。

会社帰りのスーツサラリーマンが小説を読みながら帰宅していたらなんかちょっと"良く"ないですか?

そんな"よこしまな気持ち"が仕事を邪魔していたので、帰り道、本屋に立ち寄りました。

 

"小説が読みたい"と厨二病をこじらせた高校一年生のような事を言ったはいいものの、一冊が長いのは気だるいな。とか甘いことを考えつつ本屋の小説コーナーを散策して

 

そうか、短編集とかもあるのか。そういえば中学生の頃、江國香織の「デューク」を読んだ事があったな。

 

ありました。デュークが読める本。 

つめたいよるに (新潮文庫)

つめたいよるに (新潮文庫)

 

 

デュークはたしか中学生の頃の教科書に載っていたんだったかな。

デュークだけじゃなく他にも20~25ぐらいの短編小説?が詰まっていました。

 

帰り道、本を開くとあらよあらよと小説の世界に魅了され、いつの間にか自宅の玄関にいました。

"小説を読む事"が面白いのか"江國香織の言葉選び"が面白いのかは、まだわかりませんがひとつ言える事といえば、明日も今日と同じような帰路になるだろうなという事です。

 

 また全部読み終わったら記事の更新しますね。

傘だけ科学の進歩について来れてないだろ

f:id:ragarito:20160621220652j:plain

今週のお題「雨の日グッズ」

 

こんにちは。傘だけ科学の進歩についてこれてないだろ侍です。

科学の進歩とは一体なんなのか。

例えば今記事を書いているこのパソコン。

昔はそんなものありませんでしたし、何か伝えようと思えば手紙でした。

携帯電話も昔はありませんでしたし、あったとしてもクソデカイ肩にかけるやつですし。

ゲームもリアリティが追求されていますよね。

最近ではVRとかいう美少女とイチャイチャできる機器(違う)も開発されていますし。

 

そんな中で傘だけ昔っからずっと変わってなくないですか?

昔から開き方も雨からの防御方法も同じです。

普通に傘を差しても(この"差す"という漢字が"刺す"なのか"指す"なのか"射す"なのかわからなかったのでわざわざ調べました。褒めて)大体肩が濡れるし…

カバンに至っては手に持つタイプだともう傘全然意味無いし最悪です。

 

差してる時だけじゃないですよ文句があるのは。

閉じるときです閉じるとき。

あれ必死に雨から体が濡れないように頑張って防御してたのに閉じるとき手ビチャビチャになるじゃないですか。←これが一番嫌だ

"パッ"って閉じれないんですかね。科学の力で。なんか、電磁波とかで。

 

雨の日に電車で傘の居場所が無いってのも問題です。

 

少し進歩していると言っても良い「折りたたみ傘」こいつをもってしてもカバンにしまうと濡れるし(というかカバンも先ほどの説明でもう濡れちゃってるし)もうどうすればいいんですか。傘。

 

もう濡れない傘を発明してくれ(?)

NPbot という #nowplaying をクソ簡単に投稿できるサイコーのアプリ

最近の仕事中は暇すぎて大体Twitterをスクロールしています。らがりとです。

というわけでNPbotっていう #nowplaying をつぶやくアプリを作ったのでね、紹介していこうと思います。

リリースしてから結構日にちが経過していますが中々ダウンロード数が伸びないです。

宣伝が足りないのでしょうか。

AppStoreを眺めながら「ダウンロードされろ...ダウンロードされろ...」とボソボソつぶやくのは飽きました。

どんなアプリかを紹介したいのですがまずAppStoreのURLを貼っておきます。

 

 

このタイトル。クソおしゃれじゃないスか?気取ってる。完全に気取ってる。

 

いやでもですね。結構中身いい感じなんですよ。

はいスクショドーン!

f:id:ragarito:20160620202619j:plain]

設定画面ドーン!!!! 

f:id:ragarito:20160620203100j:plain

この設定画面。ちゃっかり「Please follow me on Twitter!」とかいってるのウケませんか?僕はウケます。

使用方法は以下のような感じです。

  1. iPhone標準のMusicアプリで音楽を再生する
  2. NPbotを起動する
  3. ツイッターボタンをタップする
  4. 投稿ボタンをタップする

はい簡単。チョー簡単。

いや、待ってください。文字に起こすと4つも手順がありますが、実質手順1つですから。実質(?)

他の #nowplaying を投稿するアプリと自分で比較しましたが、NPbotが一番オシャレです。自分で作ったからそう感じるだけでしょうか。

是非使ってみてください。

あとレビュー書いてください。星5で。